iPhone6が職場のトイレで水没して見事に死亡(´;ω;`)

この記事の所要時間: 125

派遣会社の仕事の休憩中に、トイレの個室に入った瞬間手からiPhoneが滑り落ちて便器にドボン。。


そっこう拾って外装を拭いたりウェットティッシュで消毒的なことをしたら普通に電源入って普通に使えていたので、安心していたのも束の間

いきなり、リンゴマークが出てきて


電源が落ちたまま帰らぬiPhoneとなりました(´・_・`)



私が犯した重大なミスは、水没後電源が入るからといってそのまま使い続けたこと

恐らく、電源を落としたまま丸一日とか置いていたら状態は変わっていたでしょうね。。


アップルケアなんちゃらに入ってるので水没でも7000円とかで交換して貰えるので

金銭面でのダメージはそこまででは無いのですが

北海道旅行の動画ファイルと編集して近々アップしようと思っていたものが取り出せないのがかなりの痛手です(´・_・`)

アップルに持っていくと問答無用で交換されてしまうので

民間業者に頼んで、現物で修理して貰う方がよいかもですね


今はダメもとで扇風機直撃させて乾かしているところですが

水濡れ状態で、通電させていたせいでショートして基盤が逝ってしまったと思われます。


こんだけ薄いボディにこんだけの機能詰め込んでるものに水なんか入ったらそりゃ壊れますよ(^o^;



それにしても儚すぎる感は否めないので、防水のアンドロイドに乗り換えを検討中です。


仕事の都合であと2日はauショップにもアップルストアにも行けないので

朝まで乾かして無理なら、二日間以上携帯無しの生活となります(´・_・`)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。