プルームテック(互換バッテリー)は電子タバコどころかタバコの歴史を変えるね(´・ω・`)

この記事の所要時間: 13

JTが発売したは良いものの出し渋りして流通量を調整している電子タバコのプルームテック

構造が極めて単純なので互換品が1000円以下で買えてしまいます(・。・;

784B3B80-66AD-407F-89B3-33EF04CB1B84

71D3C85D-1E0B-4C91-9F42-35640CA61F31

私は基本的にタバコは大嫌いなのですが、こういうアイテムは好きなのでレレ用に2つ買ってみました。


プルームテックの特徴は本体が単なるバッテリーであるということ

吸うにはたばこカプセルとカートリッジのセットをコンビニ等で購入する必要が有ります。

カートリッジには私のX10同様、煙の元となるリキッドがしみ込んだ綿が入ってまして、カートリッジに装着したたばこカプセルを熱せられて蒸発したリキッドが通過することによってタバコの成分を摂取できる仕組み

こんな単純な構造だったらわざわざ本物買うまでも無いという現実を知って今頃JTは緊急会議をしているかもしれません

しかも誰もJTというブランドにステータスは感じません

冷凍食品とかもやってますけど、食品でJTと聞いただけであまり良い印象は持ちません(´・ω・`)


私は安値なおもちゃとしてこういうモノが好きなのでこれからも気になるモノが有れば買ってレレにあげたいと思います。


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。