ふるさと納税はふるさとじゃなくても出来る模様(^_^;)

この記事の所要時間: 125

ふるさと納税について盛大に勘違いしてました(・。・;


ふるさと納税なんて紛らわしい呼び名作った奴出てこい(-_-;)


てっきり今住んでる場所で納める住民税を生まれ故郷に納税出来る制度だと思っていたのですが

正確には過疎った地域の自治体へ寄付するだけの話なんですね(^_^;)


寄付した分が住民税から控除されて戻ってくるので、結果ふるさとに納税したみたいなことになるというカラクリです(´・ω・`)


なので別に自分のふるさとじゃなくても良いんです(‘◇’)ゞ

東京生まれ東京育ちで東京に住んでるので無理だと思ってました!

とんでもない勘違い(;´・ω・)


流れとしては

①地方自治体にお金を寄付して寄付した証明書をゲット

②確定申告して寄付したことを住んでるところの役所に知らせる


これだけ(´・ω・`)

これで寄付した分が住民税から引かれて、さらに寄付した金額に応じて何か貰えます。


住民税の先払いみたいなことになるので、数十万円くらいの手持ちが必要ですけど、別に住民税相当額全額やる必要も無いので出来る範囲の金額でやるのも有りです。

無駄にぼったくられてる感たっぷりの住民税を自らの意志で納めたい場所や用途を考えて納められるなんて素晴らしいですね(^_^;)


区役所のエントランスのスタインウェイのピアノちょっと弾かせてくれと頼んで断られたので、私ももう少し勉強してから、ふるさと納税に挑戦してみます!!

ふるさと納税に関しては詳しく説明してくれているサイトが沢山有るので興味が有る方は是非(⌒∇⌒)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。