マーブルスの「ジェットカット」考

この記事の所要時間: 150

月2万も稼げなくなったアナグマことマーブルスです(´・ω・`)ノ

今回は主に商品レビュー系YouTuberが多用するジェットカットについてです。

ジェットカットとはYouTuberのジェットダイスケ氏が考案した動画編集テクニックでして

試しに商品レビュー系YouTuberの動画観てみると分かりやすいのですが、話は繋がってるのに映像として動きが飛んでたりするあれです。

話の余分な部分を気にせずバッサバッサ切り取るのがジェットカットです。

このジェットカットのメリットは、話し方の訓練を受けていない人間でも編集によって、実況アナウンサーなみのマシンガントークに仕立て上げることが可能なこと

逆にデメリットは、映像として不自然な動きになることと編集が面倒なところ

私の場合だと映像気にせず、音声の波形が途切れてる箇所を全部切り取ってました。

えー あー あのー ええと

次の話を考える間…

咳払い

あと多いのが言いきれなかった言葉の言い直し

言い直しは気にしないで残してる人もいますけど、私の場合はかなり気にしてカットしてました。

お笑い芸人が無駄に突っ込む「かむ」という状態ですね(~_~;)

息継ぎの音も完璧には無くせませんが結構気にしてカットしてました。

鼻から吸うとノイズが消えるので呼吸のしかたから変えた記憶が有ります。

おっさんがやたら音たてて息継ぎのしながら話すのって聞いてて不快ですからね(ーー;)

こういった編集無しでノイズも無駄な間も無く完璧に話せるのがプロであり、それはそれで素晴らしいとは思いますが、編集で何とかなってしまうのも現実です。

ところが

これらを気にして編集してると、編集箇所が減ってくるんですよ(´・ω・`)

自分の欠点を知ることって大切で、知るだけで改善に繋がるんですよ

つまり

ジェットカットはトークスキルを磨く為のトレーニング法でもあるんです(^_^)

なので皆さんも動画作るときには容赦なく不要箇所はカットしまくりましょう

いずれその手間は無くなりますから♫


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。