全ては有限、時間を区切る芸術の恐怖

この記事の所要時間: 119

私は音楽が嫌いです。

何故なら、時間を区切る芸術だからです。


ピアノとか作曲理論とか色々学んだりしたことも有りますけど

やっぱり時間を区切る芸術を好きになれませんでした。


演奏時間10分の曲をピアノで弾き終えた時、考えてしまうんですよ


あれ? この曲人生であと何回弾けるんだろう?って…


回数限られてるんですよ!!!(*_*)

人生の時間は有限なんです><


これが演奏時間30分超える協奏曲とかになると、もう気が狂いそうになりますよね。


この考えに至ってからは、ありとあらゆるものが有限に見えてきて(実際有限だし)

気が狂いそうになりましたね…


録音や動画に残せば永遠だと思うかも知れませんけど

今度は動画を撮る機会も有限じゃね?

今こうやって動画編集してる時間や、動画をチェックの為に観てる時間も有限だし

わあああああ><

これもう死ぬしかないなみたいに思ったことすら有ります(´・ω・`)


ついには有限会社とかいう業態に恐怖すら感じる様になりました。

嘘です。


とにかく全ては有限なんです。


誰しも分かっていることですが、深く考える人は稀有でしょう


若干基地外じみた内容になってしまいましたが


言いたいことはただ一つ

全ては有限ですから、1つ1つのことを無駄にせず

毎日を踏みしめて生きていきましょうという話です(^^)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。