マーブルスの「モーリーとローバー」考

この記事の所要時間: 143

どうも!

レレに買って貰ったマーブルスのピンバッチをジャケットにつけてたら1日に10回くらいスヌーピーかと問われ諦めたアナグマことマーブルスです(^_^)ノ

スヌーピーに兄弟がいること知らない方は一度これを観て下さい(ーー;)



スヌーピーの誕生が描かれたこのスヌーピー誕生というアニメ

8人のスヌーピー兄弟描かれています。

スヌーピー オラフ マーブルス スパイク ベル アンディ モーリー ローバー

ところが六本木のスヌーピー館の展示だと、モーリーとローバーはいないことになっていました(/ _ ; )

当初は描かれていたのに省かれた理由は…

スヌーピー→メインキャラ

オラフ→食いしん坊デブキャラ

スパイク→細長い

マーブルス→斑点模様

アンディ→くせ毛フワフワキャラ

ベル→女

モーリー→女

ローバー→少し色が黒いけどスヌーピーと区別がつきにくい


そうなんですよ(´・ω・`)

継続して描き分けてキャラ付けしていくのにキャラが被ってしまっているんです(´・ω・`)

本来ならこんなことは、アニメとして世に出す前に考えられることでして。。

日本のアニメだとなかなか有り得ませんよね(^_^;)

会議とかで綿密に打ち合わせられる事項でしょう

とりあえず出来たものは出してしまうのがアメリカスタイルということでしょうか

看板の色が途中で変わったり、楽器の弦の数が間違ってたりと他にも色々とツッコミどころはあります。

そんなスヌーピーのアニメを見ていると
我々日本人は細かいことに拘り過ぎなのかもとも思えてきます。

スヌーピーの世界は子供達の年齢すら設定が定まっていません

つまりそんなことはどうでも良いことなんですよ(^_^)

日本のアニメがスヌーピーみたいになれない原因はそこでしょうね


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。