宇宙出身の元芸術家が好きな絵画作品②アメデオ・モディリアーニ作 「大きな帽子のジャンヌ・エビュテルヌ」

この記事の所要時間: 110

今日は時間が有るのでもう1つ紹介(o・ω・o)

image[1]4
http://art.pro.tok2.com/
アメデオ・モディリアーニ作 「大きな帽子のジャンヌ・エビュテルヌ」

20世紀の初頭にパリに集まった画家たちの集団エコール・ド・パリの構成員の1人、モディリアーニが描いた自分の彼女の肖像画です。

エコール・ド・パリには、日本人画家の藤田嗣治も居ました(´・ω・`)


ピカソやセザンヌの影響を受けつつ、アフリカの彫刻の影響も受けつつ生み出された独特の作風

今回紹介しているこの作品は、モディリアーニの到達点とも言える作品だと私は思います。

限られた色数や最低限の描線

美大生が描いたこうやってればアートっぽいだろ的なクソみたいな絵とは一線を画する完成度です。

モディリアーニの肖像画には黒目を描き込んだものも多いのですが

黒目を入れたものは、若干俗っぽくなってしまっていてあまり好きじゃないです。

鼻の描写方法と口の小ささから、漫画チックな印象になってしまうんですよ(´・ω・`)


ちなみにモディリアーニは自堕落的な生活が災いして35歳で病死して、その2日後にこの絵のモデルも後追い自殺をしています。


まさに芸術家らしい人生です。

私は元芸術家なので、頻繁に病院に通います(・ω・)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。