神なんか居ないけど宗教は必要、現代における宗教の存在意義

この記事の所要時間: 318

世界中に沢山の宗教が有ります。

大手の宗教も複数有ります。

大金払って戒名付けないと死後の世界で名前が無くて困ると言ってる宗教も有ります。


死後の世界って宗教ごとに分かれてるの?(;゚Д゚)

異教徒同士は死後の世界で会えないの?

私がクリスチャンだったら死んだお婆ちゃんは私が名無しさんで見つけて貰えないの?(´;ω;`)


有るぁ…

ねえよ!!!!(#゚Д゚)

ネトゲのサーバーじゃあるまいし…

サーバー移住(改宗)イベントとか定期的に有ったりするの?

お布施という名の課金アイテムで名前とアバターの変更とか出来たりもするの?


はいここで気付いた方


無神論者教へようこそ(^^)


神は居ません


でも….

宗教には存在意義が有ります。


大昔は、天災や疫病は神の怒りかなにかだと思っていたのでひたすら神の機嫌をとろうと

謎のお祭をしたりしてましたけど

現代はあらゆる天災や疫病の原因が科学的に証明されています。


お祭りは、定期的にやるご当地イベントとしての存在意義が有りますが

神が居ないのに神に祈る行為はテクノロジーが発達した現代において全くもって無意味なことなのでしょうか?


私は無意味ではないと考えます。


私も神が居ないとは言いつつ神社で、また来年も一緒にここに来れますようにとかいう謎のお願いをしたことが有りますし(^o^;


科学で証明されてしまった神の怒り

これが除外されたことによって、祈るという行為の本質に気付くべき時が来たとも言えます。


学問の神様とか恋愛の神様とかを売りにしてる神社も沢山有ります。

神様が恋のキューピット的なことをしてくれるの?

学問の神様はテストの答えを教えてくれるの?


答えはノーです。



お賽銭入れます

祈ります


その祈りは誰が聞いているの?

神様? 神社のひな祭りみたいな格好した女?


いいえ違います。


あなたの祈りを聞いているのは自分自身なんです


自分自身に祈りを伝えること


神は自分自身の中にのみ存在するのです。


(^人^)「社労士の資格試験に受かります様に~」

(^人^)「彼女とずっと仲良くいられますように~」

(^人^)「背が伸びますように~」

(^人^)「イケメンの彼氏が出来ますように~」

(^人^)「女にモテる様になりたいです~」


祈りイコール自分自身への回想行為です。


社労士の資格をとりたかったら受験勉強をする

彼女とずっと仲良く居たかったら浮気をしない

背を伸ばしたかったらセノビックを飲む

イケメンの彼氏が欲しかったら整形する

女にモテたかったらダンロップの靴は履かない


自分という唯一の神に祈りを伝えて、それを実現するにはどうすべきか考えること

これが現代における宗教の意義だと思います。


宗教の違いはそれをどこでやるかの違いに過ぎません。


動画投稿を、YouTubeでやるのかニコニコでやるのか

ブログをアメブロでやるのか、livedoorでやるのかWordPressでやるのか

生配信をニコ生でするのかツイキャスでするのかFC2ライブでするのか

その程度の違いです

現代における宗教とは自分自身の中の神への回想行為なのです。


ヨルダン人のパイロットがイスラム国に焼き殺された動画

観たくなかったけど、観るべきだと思い先日無理して観たのですが

彼は燃やされる瞬間まで祈っていましたね


その祈りは誰が聞いていたのか?

もちろん彼自身です。


以上


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。