バンジョー練習日記 #6ヶ月目

この記事の所要時間: 142

バンジョーを始めて半年が経ちました(・・;)

早い(・・;)

満足に練習ができているかといえば、そうでもないですが、日々バンジョーを持つたびに出来なかったことが出来ていたり新しい発見があります。

今やっている練習方法としてはフォギーマウンテンブレイクダウンでバンジョーのバンジョーらしい基本的な奏法の練習と、シングルストリングテクニックの練習で熊蜂の飛行を弾いてみたり、スケールを弾いてみたり

そんな感じです。

熊蜂の飛行みたいな誰でも聴いたことのあるフレーズは後に即興で弾く時なんかに役立つので引き出しの中身として増やしていきたいです。

あと曲の部分練習が死ぬほど嫌いなので、それを練習時間でカバーしてる感もあります(・・;)

部分練習なんかしなくても、基本的なテクニックがついてくれば自然と穴は埋まっていくと思ってますが、ピアノだと永らく苦手なパッセージは未だに苦手ですから

そもそも手の大きさなんかの理由で無理があって変えて弾くべきなのか練習不足のどちらかでしょう

あとバンジョーの場合ミュート(使わない指や手の部分で弦に触れて振動を抑える)をどこまですべきかが今1番の謎です。

エレキギターだと、些細な共鳴も相当な雑音になるので弾かない弦は全てミュートするのが基本らしいのですが、試しにバンジョーのヘッド部分にタオルを巻いて共鳴を抑えてハイポジションで弾いてみると音が物足りないんですよ(´・ω・`)

タオルを外すとバンジョーの音になります。

とはいえバンジョーの5弦のGの音が常に共鳴しているべきかと言われれば、雑音に感じることもあるんですよ(ーー;)

単にソの音とぶつかってるからダメというわけでもありません

この辺はよく聴いて覚えていくしかなさそうですね(´・ω・`)

今のところ始めた年齢が遅いことによると思われる障害にはぶつかってないので、このまま何年でもバンジョーは続けられそうです(´・∀・`)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。