芸術家にも社交的な面が必要?(;゚Д゚)

この記事の所要時間: 12

今日レレと都内某所の画家の個展が開催されてる場所で、数名の画家の個展を観たのですが

観に来た人と結構喋ったりする必要が有るんですね個展て(・_・;)

バイト生活で培った接客スキルが役に立つ場面だとは思うのですが、私の場合対面の接客業って普通のはやったことないんですよ(´・ω・`)

芸術家といえどそれで収入を得るには作品という製品を売り込む営業マン的な側面が必要と考えると当然か(・・;)

なので、もし私が個展をやるとしたら・・・

接客係を雇います(‘◇’)ゞ

最近ほとんど絵描いてないけど(。-_-。)


会場代は思ったよりリーズナボーなんですね

つまりは金払えば何でも出来るんですよ(^_^)

コンサートホールを借りる金が有れば、初心者でもリサイタルをすることが出来ます。

どんなことでも場所と機会は金で買えるんですよ(´・_・`)

〇〇で個展開催とかプロフィールに書いてあったら、本格的な活動してるなって思いますよね(^_^)v

場所と機会が有ればそこには実績が生まれます。

中身なんか無くても良いんです。

それに早く気づくべきだったな(・・;)


依頼や諸々の連絡はこちらへ→syoabe@syoabe.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。